理事長ご挨拶

高度な知識と技術を持って健康な社会を作る人材を育む。

21世紀になり、我が国は世界一の長寿国となりました。これは、世界に誇る日本の高度な医療技術と、健康でありたいと願う国民の努力の賜物であるといえます。しかし、テクノロジーの進歩と個人の努力だけでは、健康な社会を支えるのに充分でないことは言うまでもありません。そこで、本校の教育目標は、急速に進む医療機器の分野で医学と工学を統合した医療機器に関する高度な専門知識と技術を持ち、医師とともに病院等で血液浄化措置、人工呼吸器、人工心肺措置、人工心臓等、生命維持管理装置の操作、保守点検を中心に医師の指示のもと、これら生命を守る高度な医学、工学の知識、技術と幅広い一般教養を身につけた「臨床工学技士」を養成することです。
健康な社会を作るための奉仕者として学生が育ってくれることを希望すると共に、私自身も日本の社会で躍動する一人でありたいと心掛けております。

理事長