臨地実習

高度な技術を習得・実践する臨地実習。

1年・・・3段階に分類

第1段階 :
細かい歯科材料の取扱いと性質、それが患者さんの口の中に入った時にどのような反応を起すのかを実験しながら実習する。
第2段階 :
治療に必要な器具の名称・用途・取扱方・管理方法のマスター
第3段階 : 
器具の取扱い方をマネキンを使って学び、最終的な相互実習では学生同士、友達、兄弟姉妹等が患者となって実際の歯科業務に近い形で実習を行います。
この段階で充分な実習を繰り返すことが実際の歯科医療の現場にでての実習へのステップになります。

2年・・・校外実習・臨地実習開始

基礎実習を習得し、校外での臨地実習に入り、東京慈恵会医科大学病院、三井記念病院、虎の門病院、横浜市立大学附属病院等の医療教育現場での高度な技術と知識を学び、また、地域歯科保健活動の一端としての特別養護老人ホーム実習、幼稚園実習、保健所実習等を経験し、地域歯科保健活動の実際を理解する。

3年

前期は2年次に引き続き、後期臨地実習があり、後期は歯科衛生士の主要3科目の歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導と、総合研究(国家試験対策)を重点的に行う。

本校歯科衛生士科の臨地実習先
  • 三井記念病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 虎の門病院
  • NTT東日本関東病院
  • 横浜市立大学附属病院
  • 都立墨東病院
  • 都立荏原病院
  • せんぽ東京高輪病院
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター
  • 武蔵野赤十字病院
  • 横浜船員保険病院
  • 関東労災病院
  • 町田市民病院
  • 小嶋歯科クリニック(浜松町)
  • 細野歯科クリニック
  • 小嶋歯科クリニック(銀座)
  • アプルビル歯科医院    等