先輩・講師からのメッセージ

これからの「医療」と「工学」 財団法人筑波麗仁会 筑波学園病院 臨床工学技士/池見東京医療専門学校 臨床工学科(2011年3月卒業) 大木 崇さん

一口に臨床工学技士と言っても実際に就職してからの職務内容は多岐に渡ります。人工心肺装置・人工呼吸器・人工透析装置・心電図テレメータ・高気圧酸素療法・輸液ポンプ・シリンジポンプ・電気メス・低圧持続吸引器、更には未だ世に出ていない新しい装置の点検及び操作など、数え上げればきりがありません。

そしてこれらを使いこなすには機械のことだけではなく人間の身体の仕組みにも熟知していなければなりません。ぜひとも、それらの基礎となる幅広い知識をこの池見学園で身につけて行ってください。各分野に精通した先生方がやる気のある限り、とことん教えてくれます。そして勉強をすればするほど「人間の身体って本当にすごい!」「それを代行する機械の仕組みも本当にすごい!」って思うようになりますよ。

近年では手術におけるメーカーの立ち会いが規制されてきています。そんな中で臨床工学技士の果たす役割は確実に大きくなっていっていると思います。皆さんが立派な技士になって活躍されることを祈っています。

 

先生方との距離が近く、気軽に質問ができます! 社会医療法人ジャパンメディカル アライアンス海老名総合病院 臨床工学技士/池見東京医療専門学校 臨床工学科(2011年3月卒業) 榎本 七緒さん

池見学園はアットホームな学校で、同級生はもちろん先輩や先生方との距離が近いです。

私は高校で物理を取っていなかったため、工学系の授業についていけるか不安だったのですが、丁寧な授業と気軽に質問できる環境のおかげで楽しく学ぶことが出来ました。また医療機器を用いた実技授業では、現場で活躍されていた先生方が一人一人に細かく教えて下さるので、そこで学んだことは現場に出た今でも役立っています。

池見で学んだ事を活かし、医学・工学共に強い技士を目指してこれからも頑張ります。