カリキュラム

医学・工学の知識を身につけ、国家試験合格をめざす。

臨床工学技士は患者の生命に直接影響をあたえる生命維持管理装置(代表的な装置として人工心肺装置、血液浄化装置、人工呼吸器等)の運用、管理、保守、整備に習熟した職種です。人工心肺装置は心臓と肺の機能、血液浄化装置は腎臓の機能、人工呼吸器は肺の機能をそれぞれ代行する装置で、これらの装置を必要とする患者は、年齢、性別、病気の内容も種種様々であり、その状況に適した装置の選択と装置の条件設定が必要になります。そのため、患者の状態を的確に判断するには医学の知識、装置に関しては工学の知識と両方が要求されます。
今日の高度に発展した医療に臨床工学技士として応えていくには一定水準以上の知識と技術が要求され、この確認のために国家試験があり、合格することによって臨床工学技士の職種につくことができます。

本校では、以上のように授業を進め、国家試験に全員合格することををめざします。

[1年次]一般教養科目と医学、工学の基礎科目 [2年次]医学、工学の基礎専門科目と基礎医学、基礎工学の学内実習 [3年次]医学、工学の専門科目と病院実習及び3年間の総まとめ

■3年間のカリキュラム一覧

[3年間のカリキュラム一覧]をクリックすると新しいウィンドウが開きます。